松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com


3


「ふと耳にした音楽がその人の人生を 大きく変えてしまうかもしれない」
新番組”TOKYO MOON“。2010年1月スタート。

番組最初の企画メモに綴られ、今や番組告知バナーにもなっているこのフレーズ。
もとは電通マンでDJでもあるDJ Nicheこと西山隆さんの「レギュラーで音楽番組をやるべき。」という熱い
想いに対して口をついて出た言葉でした。

本業が多忙でありながら、自分がリスペクトするDJやアーティストに様々なプロジェクトを提案してくれた
り、献身的にサポートするなど、クラブジャズ界のパトロン的な活動は1950年代から数え切れないジャズ・
ミュージシャンをサポートし続け、ホレス・シルヴァー「NIca’s Dream」、セロニアス・モンク「パノニカ」
、 ソニー・クラーク「Nica」とといった名曲の題材にされた超名門一族ロスチャイルド家の娘、ニカこと
ナディーヌ・ドゥ・ケニグズヴァルテを彷彿とさせます。彼がいなかったら日本では珍しい選曲/構成/
出演の全てをこなすワンマン・スタイルの番組は出来なかったと思います。そしてそれを10年も続けて
これたことに改めて感謝したいと思います。ありがとうございました。

こうして生まれた「TOKYO MOON」。
ずっと順風満帆で来たわけではなく、生き残りの難しいラジオ/音楽業界という荒波の中を飲み込まれ
ないように、懸命に前に向かって漕ぎ続けながら越えてきました。

10年で放送時間が5回変わっていました。

2010年 1月 放送開始 日曜19:00-19:30
2012年 7月 移動   日曜24:00-24:30
2013年 4月 拡大   日曜23:20-24:30
2014年 4月 移動   木曜24:00-25:00
2014年10月 移動    水曜23:00-2400
2017年11月 移動   日曜17:00-1800

その間、ディレクターは2人(現在は自分で)、担当は3人とご一緒してきました。
特に大きな区切りとしてピーター・バラカンさんがInterFMの代表になったときに1時間に枠を拡大してくだ
さったこと、そして2015年4月から録音/編集も含めたワンマンの制作スタイルになったこと、そして16年
に2作のコンピレイションとディスクガイドをリリースしたことが挙げられます。今思えばそれなりに苦労しな
がらやってきましたが、とにかく自分の信じる音楽だけををリスナーに紹介することに力点を置き続けてきた
結果、10年が経っていたといたというのが正直なところです。

今回10周年というタイミングでこのクラウドファンディング・プロジェクトと連動したり、アート展を開催出来た
のは色々な意味で記憶に残り続けると思います。

あと残すところ2日、引き続き応援をよろしくお願いします。
プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |