松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2020年8月29日

2 – TOKYO MOONのつくりかた

約1ヶ月半に渡って行ってきたプロジェクトもいよいよ今日と明日を残すだけとなりました。
プロジェクトが中心となった毎日は感謝と感動の日々でもありました。
ありがとうございます。

さて、今日は番組をどうやって作っているかについて。

よい選曲、よいDJ。どちらに共通するのはとにかく「音楽をたくさん聴くこと」。
これに尽きます。人によって好みのジャンルがあると思いますが、僕の場合は
生理的に合わないもの以外、今は世界を拡げるためになんでも聴ききます。
多い日は300曲とか。10数時間聴き続けるだけの日もあります。
たくさん聴くことで、「音楽に囲まれたなかで自分の思うままに制御出来る」ようになります。
DJでいうと感覚的に「何をかけても聴いている人を引き込むことが出来る」ような感じでしょうか。
肌に音楽が染み込んでいるような感覚。フレンチトーストのミルクみたいな?

そして日々集めた楽曲を日をおいて、改めて聴き直します。
そうして「キーとなる楽曲」を定めていき、いくつかのブロックが出来上がります。
そのブロックを繋ぎ合わせるものを挟み込むか、あるいはジングルを挟み込むことによって
場面転換させるか。ここは悩みどころですが、最近は2択、3択をそれぞれ試して、主観から
客観に立場を変えて聴き、一番ドキドキするものを選びます。考えることよりも実行する。
とても大事なことだと思います。

そうしてミックスされた下地が出来上がります。
そこにそれぞれの楽曲紹介をミックスを聴きながら必要最小限に喋ります。
楽曲の解説の大事さは理解していますが、個人的にはこれだけネットが発達した今、気になった
ものはリスナーの方々が知りたいことをピンポイントで見つけ出すことが出来るので、楽曲を完全に
近い形で、しかも流れで聴いてもらうようにしています。
10年続けているとそれが個性となり徐々に受け入れられて来たのだと思います。

わずか1時間の番組ですが、そこに費やす時間は膨大です。
それが楽しいいので苦だとは思いません。ラジオの向こうにいるリスナーの表情が豊かに変化している
ことを想像しながらやっているので。

では残り2日、よろしくお願いします。
プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |