松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2020年8月24日

7

Title : Through the field beyond the trees by Amane Murakami
2020.8.23 410×318 F6 acrylic on canvas

クラウドファンディング・プロジェクト終了まで7日。
昨日の放送について何人かのリスナーの方から夏の終わりを感じたとtweetとメッセージで感想をもらい
ました。実は昨日の選曲のコンセプトは「夏のおわりのはじまり」だったのです。

二十四節気で8月23日は処暑(しょしょ)のはじまり。厳しい残暑も和らぎ、朝夕は涼しさも感じられるタイ
ミングなのです。番組は生放送ではないのですが、オンエアされる日の天気や日の入り時刻などを見て
選曲することが多いです。夜を感じさせている割には作業はお昼間にしていたりするのですが。
番組は耳の肥えた皆さんが多いので、こちらの流れの意図や繋ぎに対して絶妙なコメントや解説をもら
うので僕の出る幕はありません。素晴らしいコンビネイションです。

前半のメロウな流れは自分があたかも心地よい風が吹くビーチできらめく水面を眺めているイメージ。
そして終盤のボサ&サンバは終わりゆく夏へのオマージュとして選曲しました。それはリオだったり、
ブライトンだったりコート・ダジュールだったり、ここではないどこか。

コロナ禍でで夏のリゾートも諦めざるを得なかった今年、せめて気持ちだけでも南国気分に。
リターンにある「南国夏休み」へのプロローグかもしれません。

そして今回からアート展のプロデューサーの1人であり、アーティストとしても作品、そしてライヴ・ペイ
ントと三面六臂の活躍をみせる村上周さんから、毎週「TOKYO MOON」を聴きながら受けたインスピ
レイションをもとに1つの作品を発表していきたいと申し出をいただきました。

1作目は昨日の番組の2曲目のAndrew Wasylykの楽曲からインスピレイション受け制作したそうです。
タイトルはWasylykの昨年のアルバム「The Paralian」のオープニング・トラックだそう。
スタートから素晴らしいです。
これから楽しみが増えました。

引き続き応援よろしくお願いします。
プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |