松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2020年8月22日

9


クラウドファンディング終了まで9日。
今日は「TOKYO MOON」の思い出バナシ。
スタート当初は長さが30分だったこともあり、音楽とライフスタイル情報を平行して紹介するような番組
でした。心の趣くままに大人が観るべき映画やアート展などをランダムにフィーチャーするような。
そのなかでも特に思い出深いのは、都市生活者の移動において重要な役割を果たしてきた首都高速
道路の大改革と言える首都高速中央環状線の建設、とくに2010年春の大橋JCT – 西新宿JCT間の開
通を取り上げたことです。東京北部に暮らす僕にとって板橋方面から山手通りの下を通るトンネルで
渋谷の手前にある富ヶ谷まで直線で移動出来るというのはノーベル賞を授与するに値するほど画期的
な出来事だったわけです。
しかもその開通前の高速道路を歩くことが出来たのですからその興奮は今
も身体に残っているくらい大きいものでした。

実際一般公募で集まった見学者とともにこの開通を象徴するランドマークの大橋ジャンクションの内部
を歩いたときは感慨深いものがありました。これまで1時間近くかかっていた車移動の時間がときに1/3
以下になるわけですから。

おそらく高速道を歩いたDJは日本で初めてだったかもしれません。
道路公団の方にインタビューしたのも。
このときのリポートは今もウェブマガジン「OPENERS」に残されています。
大げさでなくリアルな都市
情報を紹介することが出来たという自負が今もありますので是非
読んでみてください。
コチラから。

引き続き応援よろしくお願いします。
プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |