松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2020年8月6日

クラウドファンディング TOSHIO MATSUURA x TOKYO MOON -12-

アート展スタートから6日。
皆さんの来場とともに作品が順調に購入されているようでよかったです。

ありがとうございます。
さて、紹介する前にソールドしてしまったのでなんですが、今日はアーティストの長谷川踏太
さんを紹介
します。


初日にお会いした時、改めていつどこで初めて会ったか確認したのですが、お互いになんとなくの記憶
でしかなかったので、僕の記憶ということで記します。おそらく2000年あたり、ロンドンのTOMATOの
スタジオだったと思います。
僕のロンドンの兄のうちの1人、サイモンに会いに行ったとき、新メンバー
として紹介されました。踏太くんは唯一の日本人メンバーでもあります。


彼は当時からロンドンと東京を行ったり来たりしながら活動していて、
おそらくどこにいても彼は自分
がやることが常にはっきり見えているんだろうと感じていました。



「芯が強いのに物腰が柔らか過ぎる」印象です。

これも先日お会いした際に話したことなのですが、

「いつも真面目な顔して変なこと考えてますよね。」(松浦)
「常に真面目に考えてるので、変ではないと思います」(長谷川)

僕にとって”変なこと”とは誰も思いつかないような面白いことというような意味なので
すぐさまフォロー
しましたが、若い頃からスクエアな思考をしてしまいがちな自分にとって
そのような”刺激”が加えられる
とたまらなく嬉しくなるので、それを総じて”変なこと”と言ってしまうのです。申し訳ないです。

彼はテクノロジーを操りながらアートやデザインやプロダクト、はたまた教育に到るまでクリエイティヴ
を発揮し表現する一方、アナログ的手法の落語を演じるハイブリッドで粋な江戸っ子です。



落語って言ってもコンテンポラリーってんだから、洒落てるねえ。これが。




作品「馬と鹿」(horses and deers) 

今回のアート展で最大スケールです。
初日のインスタライブでも自ら語っていましたが、明治大正時代にジャーナリスト、昭和に世相風俗研究家
として活動した宮武 外骨(みやたけ がいこつ)なる人物の個人的なユーモア溢れる
スクラップブックに着想を
得て再構築(最近の音楽表現でいうところのリ・イマジネーション)
したそうです。

馬と鹿で馬鹿。やっぱり変です。

作品はソールドアウトしていますが、12日まで中目黒BRICK&MORTARで展示中ですので是非。

引き続き応援よろしくお願いします。
プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |