松浦俊夫
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com


クラウドファンディング TOSHIO MATSUURA x TOKYO MOON -11-

少しご無沙汰していました。
気がつくと梅雨は明け、すっかり夏空の広がる東京。
このプロジェクトも4週目、そして展覧会は今日で
5日目に入りました。
お陰様で支援者の方々から日々多くのサポートをいただき、目標の130%に迫る勢い
です。
そして炎天下のなかアート展に足を運んでくださり、ありがとうございます。

立案から開催までとても短い時間のなかで素晴らしい空間をプロデュースしてくれた
石浦克さん、村上周
さんとBRICK&MORTARのクルーに感謝します。
そして素晴らしい作品を提供してくださったアーティストの
皆さんに感謝です。

初日のインスタライヴも人生初の配信にもかかわらず、クルーの素晴らしい技術サポートと
アーティストの
皆さんの興味深いお話で視聴者のみなさんに好評を得ることが出来ました。
9日(日)には再び私のアカウ
ントから、DJと石浦さん&悳(いさお)さんのVJ、そして村上さんのペインティングをインスタライヴで配信
する予定です。お楽しみに。

さて、久しぶりのアーティスト紹介、今日は大先輩の伊藤桂司さんです。

イラストレーション、アートディレクションを中心に「マルチアーティスト」の先駆けと
して多方面で活躍し
てきた伊藤さん。音楽ものもたくさん手がけてこられて、また
ともに長い間東京で活動していにもかかわ
らず、お会いしたのは実は昨年が初めて。

BRICK&MORTARで行われた石浦さんの個展のレセプション
で紹介してもらったのがきっかけで、それから私が音楽のキュレーションを手掛けたファッション・レーベ
ル(イギリスではブランドではなくレーベルと呼ぶのが一般的です)のダンヒルのお店のパーティーに遊び
に来てくださったりと、ゆっくりとお付き合いさせてもらっていました。
そのあとのコロナ禍で時間が空くものの、そこで今回のアート展を迎えます。



立案者であり、プロデューサーの1人でもある石浦さんに


「誰かこの展覧会に誘ってみたい方がいたら言ってくださいね。」
と言われたので、即答でお名前を挙げました。

今回、このアート展について、参加してもらう方が「TOKYO MOON」のリスナーであること
を第一条件に
していたため、なかなか人選が難しいかなと思っていたものの、伊藤さんも聴いて
くださっているとおっし
ゃられていたので、ご自身が参加される他の展覧会の準備に多忙ななか、作品のアーカイヴの
中から
セレクトして出展という大変貴重な機会に恵まれました。





ヴィヴィッドな色使いのなかに潜む毒、そして圧倒的なアート感。
その作品に音楽の影響が大であること
は肌で感じていました。
ご本人にも「伊藤さんが参加してくださったお陰で展覧会の”深み”が増しました」

とお伝えしましたが、優しい笑顔で恐縮されていました。
この姿勢こそがアーティストの「鑑」なのです。

3点の作品のうち、すでに1点がソールドアウトになりましたが、あと2点はまだあり、
展覧会では全て展示
されています。

是非実物を観に来てください


カテゴリー: 未分類 |