松浦俊夫
2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバム『LOVEPLAYDANCE』をワールドワイド
リリース。
InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UK and album is released worldwide in 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2020年7月24日

クラウドファンディング TOSHIO MATSUURA x TOKYO MOON -8-

こんにちは。
連休2日目。今日も外出を自粛して自宅でお仕事している方も多いのではないでしょうか?

創作活動するとき、経理的な作業をするとき、データの整理。
1人で静かに、そしてかなり集中してものごとに取り組むとき、何か音が鳴っていて欲しい。
しかし歌声を楽しんだり、メロディを追う余裕はない。

そのために作ります。


オリジナルプレイリスト【 C 】=仕事や作業をするときのためのプレイリスト=

以前から番組のオンエア中にtwitterから寄せられるメッセージやクリエイターの友人から
作業や仕事中に聴いていると見聞きすることが多かったので、だったら「専用BGM」として制作してみては
どうかと。

どうすれば音の”気配”だけを感じ、凛としてそれに取り組むことが出来るか?

そう考えながら選曲するのも面白そう。

例として挙げるならスティーヴ・ライヒのようなミニマルミュージックや、最近だと3月にオンエアした
GoGo Penguinのようなポストクラシカル的な雰囲気もあるピアノトリオのような楽曲ではないかと。

まだ取り掛かっていないので、気分が変わることもありますのであらかじめご了承ください。

今回のプレイリストの中ででこの【 C 】と【 A 】は対になっていて、Aが「静」、Cが「銅」なのです。
取り巻くまわりの世界が静止しているか、動いているかの違いであり、曲のテンポが真逆のイメージです。
感覚的なことなので説明するのが難しいのですが、毎週それを音で受け止めてくれるリスナーの皆さんなので
分かってもらえると思います。

高速道路を長距離走るときにもハマると思います。お陰で時間が過ぎていくのが早く感じてもらえたら幸いです。

では引き続き応援よろしくお願いします。

プロジェクトはコチラから。


カテゴリー: 未分類 |