松浦俊夫
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。
独立後も精力的に国内外のクラブやフェスティバルでDJ。さらにイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、4人の実力派ミュージシャンとともに、東京から世界に向けて現在進行形のジャズを発信するプロジェクト"HEX"を始動。
Blue Note Recordsからアルバムをワールドワイド・リリース。
InterFM"TOKYO MOON"(毎週水曜23:00)好評オンエア中。


Founding member United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O., he has continued to play at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. His radio program“TOKYO MOON” is on air Wednesday 23:00-24:00 (JPN Time) on InterFM.

http://www.toshiomatsuura.com
http://www.hex-music.com


TOKYO MOON PLAYLIST / KAMASI WASHINGTON OCTOBER 4

Talking about ‘Harmony of Difference’ by Kamasi Washington
カマシ・ワシントン 自ら語る新作「ハーモニー・オブ・ディファレンス」

アメリカ・ニューヨークのホイットニー美術館が1932年からアメリカのアートの動向を示す
ものとして開催、世界的に注目を集める展覧会ホイットニー・バイエニアル(ビエンナーレ)。
今回で78回を数えるこのイベント、24年ぶりにポリティクスをテーマに掲げ、今年3月から
6月まで開催されました。その参加作品としてロサンゼルス出身のジャズサックス奏者カマ
シ・ワシントンが「ハーモニー・オブ・ディファレンス」”相違する協調”と題し、
1.欲望  2.謙虚  3.知識  4.視野  5.誠実  6真実
と名付けられた6つの楽章からなる組曲を制作しました。そしてこの作品はミニ・アルバム
という形で先日リリースされました。
ここではカマシ本人による新作についてのコメントをオンエアにはなかった日本語訳ととも
に掲載します。

  Concept of ‘Harmony of Difference’
ー「ハーモニー・オブ・ディファレンス」のコンセプトー
The concept behind ‘Harmony of Difference’ is that it’s a six-part Suite.
In which the first 5 parts are 5 different songs that have their own form of beauty
and melody and harmony that can stand alone as their own song, and then in the
sixth part I take all five of those songs and combine them and we play them
simultaneously to create a song that I feel like is even more beautiful than the
individual pieces themselves

「ハーモニー・オブ・ディファレンス」のコンセプトは6つの楽曲からなる組曲なんだ。
最初の5パートは5つの異なる楽曲で、それぞれの曲が独自の美しさ、メロディ、ハーモニー
の形を持ち、他の曲と差をつけている。でも6つ目のパートではその5曲全てを繋ぎ合わせて
同時にプレイしている。それらを繋げて5つの曲それぞれが持つ美しさを超えた美を感じること
の出来る曲を作ったんだ。

  Explain of ‘Harmony of Difference’
ー「ハーモニー・オブ・ディファレンス」とはー
I originally created ‘Harmony of Difference’ to be a part of the Whitney Museum’s
Biennale
. It was a piece that was centred around a suite of music that I wrote,
that included a film by A.G Rojas, and a series of paintings created by my sister,
Imani Washington. The exhibit was meant to be a metaphor for the idea of a
celebration of diversity. At that time when I was creating it, we were all being faced
with the reality of a Trump presidency and it seemed like there was so much negative
energy being directed at the idea of diversity. All these different people living together
with different religions and cultures and languages, that it was something to be
contained or removed or at best tolerated, and I felt like it was something that should
be celebrated. So, I set out to use the idea of counterpoint as an example of how
beautiful the coexistence of different entities can be. In counterpoint, you normally
have two to three maybe four melodic figures that you interweave together to have
exist in a harmonious way. I set out to actually write 5 songs that could exist on their
own as their own songs and then I could bring them together and create a song that
was even more beautiful than any of the individuals. To further that idea, I wanted to
bring different mediums so I asked A.G Rojas to create a film to go with the 6th part
of the suite which is all 5 songs being played simultaneously, that’s the one that’s
called truth. And I had my sister Imani create paintings for each individual song and
also create a painting for the 6th part; Truth. You know I felt like it was something
that was necessary, it was something that needed to be done because no one was
really talking about how beautiful our culture is which I feel like American culture is a
culture of many cultures coming together and growing up in LA there is so much
diversity there is so much difference, everywhere you look and it’s the coolest thing
about my city and the purpose of me releasing this EP a ‘Harmony of Difference’ is
to share that beauty with everyone.

この作品を作ったそもそもの目的はホイットニー美術館のビエンナーレ。自分が書いた組曲を
中心にした作品で、A.G ロハスの映像や俺の妹イマーニ・ワシントンが制作した絵のシリーズも
含まれることになった。作品の展示は多様性の祝福というアイディアのメタファーになることが
目的だったんだ。というのも作品を作っている時期、俺たちは皆トランプ政権の現実に直面して
いて、多様性というアイディアにはネガティヴなイメージが向けられていたからね。
異なる宗教、文化、言語のもと皆が違いを持ちながら共に生活している。それが抑制、除去され
ようと、もしくは、良くても容認されるだけで止まろうとしている。でも俺はそれは祝福される
べきことだと感じたんだ。
そこで、異なる存在が共存することがいかに美しいかという例として対位法というアイディアを
使って曲作りに着手した。対位法では通常2つか3つ、時に4つのメロディの形があり、それを一つ
に織り交ぜハーモニーにしていく。俺は単体でも成り立ち、且つ互いを混ぜ合わせることで更に
美しさを増す曲を5つ書くことから始めたんだ。その後のアイディアとしてそこに異なる媒介物を
もたらしたかった俺は、A.G ロハスに5曲が一斉にプレイされた’Truth’という第6部の楽曲に合う
映像を作って欲しいと頼んだんだ。それから、俺は妹のイマーニに頼んでそれぞれの曲と第6部
に合う絵を描いてもらった。なんというかそれが必要なことに思えたんだよ。
アメリカの文化は様々な文化が一つになり、LAという目に見える全ての場所が多様性と違いで
溢れている街で成長し続けている。その文化がいかに美しいかについて語っている人はいないし
それを誰かがやらなければと思ったんだ。
多様性は自分が住んでいる街の中でも一番クールな部分だと思うし、この「ハーモニー・オブ・
ディファレンス」をリリースすることでその美しさを皆とシェアしたかったんだよ。


 Whitney Experience
ーホイットニー・バイエニアル(ビエンナーレ)での経験ー
I was really honoured when the Whitney Museum asked me to contribute something
to their biennale exhibition. I’ve always been a huge fan of arts in general and the
Whitney museum has always been such a great institution for the furtherment of the
arts and so many great artists have presented their pieces there so to be a part of
that lineage was a huge honour and it inspired me to reach beyond my own limitations,
to try to incorporate someone like A.G Rojas, to be able to reach beyond the sounds.
To be able to work with my sister, who is one of my favourite artists, she is super
talented. You know I’m always kind of running ideas by her and trying to work with her
anyway so it was cool to do something we can really share with the world, not just
something that I’m asking her to do. So yeah it really was a great opportunity and I felt
really inspired and that’s what lead to the cover art, in which I wanted to take my sisters
pieces and show how they are a metaphor for life and for all of us. So that’s why I put
them in a tree to bring them out of the abstract and then put them back into the abstract
in a way. So yeah it was great to be a part of the Whitney.

ホイットニー美術館からビエンナーレ展覧会への依頼が来た時は本当に光栄だった。
普段からアートの大ファンだし、ホイットニー美術館は長年素晴らしいアート団体でい続け、
最高のアーティストたちが作品を展示して来た場所だからね。その一部になれるなんて大きな
名誉だったし、自分の限界を押し広げるためのそしてA.G ロハスといったアーティストとコラ
ボしサウンドを超えた作品に挑戦するための大きなインスピレーションだった。俺のお気に入
りのアーティストの一人である妹とコラボができたのも嬉しかった。彼女は本当に才能がある
んだ。彼女からは常にアイディアをもらっているし、彼女とはどのちみちコラボしようと考え
ていた。俺のためだけのプロジェクトではなく、世界とシェアすることができる作品で彼女と
共演できるなんて本当にクールだったよ。素晴らしい機会だったし大きくインスパイアされ、
それがジャケットのアートへになった。自分の妹の作品を使い作品に込められた人生と自分た
ちに関するメタファーを世に見せたかったんだ。だからそれらを木の中に置き抽象的じゃない
ような、でも抽象的なようなデザインにした。
ホイットニーの一部になれたのは本当に素晴らしかったよ。

 Get from the Word
ー込められたメッセージー
You know music is food for the soul, and I just hope my music is delicious and
nutritious. And you know for this piece I just hope it brings people together, and it
does what I wrote it to do, which is show them how to celebrate one and other,
and to love our differences, and to appreciate them, and learn from them, and
realize we are more together than we are apart. That’s all I can really do, you
know? I just make the music that comes to me and I try to share it with people.
So, I hope that they get that message.

音楽とは魂の糧。俺は自分の音楽が美味しくて栄養満点であって欲しいと思っている。今回の
作品に関しては皆を一つにする作品であって欲しいし、そのために作品を書いた。この作品に
よってお互いをいかに祝福し合うか、いかに互いの違いを愛し互いを評価するか、そしていか
に学び合うかを提示しているんだ。そしてその違いによって自分たちに距離が出来ているので
はなく寧ろ一つになっているということに気づいて欲しい。俺に出来るのはそれくらいだから。
自分自身が何かを感じる音楽を作ってそれを人々とシェアする。
だから皆がそのメッセージを理解してくれることを願っているよ。


 Initial impetus
ー制作のきっかけー
If I had to pinpoint an exact moment that really lead to me creating a ‘Harmony of
Difference’ it would probably have to be the Trump nomination. It was a pretty
heart-breaking reality check. Despite what anyone may feel about his decisions
and wins or loses, I feel like most people looked at Barack Obama’s presidency
as a forward move in society, that we were moving away from the darkness, and
that the real dark times that we had seen in history were in the past and a bit out
of reach, and then you see someone like Donald Trump run to president of the
United States, basically based on hate and bigotry. So, to have him get nominated,
I mean let alone become president, but at that point it was just him being nominated
was a pretty intense reality check. It kind of lead me to the idea that we have to do
something and that there are millions of people who are at a crossroads in history,
and there are millions of people pulling us in the wrong direction, pulling us back
into the darkness and if we want to keep pushing forward, those of us who do want
to move forward have to do our part and so I make music so I decided that I wanted
to make something that would help combat that, and I feel that the biggest tool we
have to combat that bigotry and hatred is knowledge and understanding.
So, the reason why I took the approach of ‘Harmony of Difference’ was the celebration
of diversity rather than a commendation of bigotry is because those people aren’t
going anywhere anytime soon. So, for me we have to show them the right way.
Not just trash them because they are going the wrong way but to actually show them
the right way, and show all of us the right way. So, this was just my way of doing my
part and doing what I can do.

「ハーモニー・オブ・ディファレンス」を作りたいと思った瞬間をピンポイントで挙げなけれ
ばいけないとするなら、それはおそらくトランプが指名された時だね。あの現実を受け止める
のにはかなり心が痛んだ。彼の決断や勝ち負けについて皆が何を感じているかは関係なく、
俺はバラク・オバマの任期は社会を前進させたと思うし、それによって俺たちは暗闇から離れ
歴史の中で目にしてきた暗黒の時は過去になろうとしていたと思う。そんな時、憎悪と偏見を
基盤に政治を動かすドナルド・トランプのような男がアメリカの大統領に就任した。
だから、彼が指名されたということ、彼を選んだ人々がいるという事実は俺を強烈に目覚めさ
せたんだ。それを感じて俺は何かしなければと思った。歴史の岐路に立っている人々が何百万
人もいて、何百万人もの人々が俺たちを間違った方向に導き再び暗闇に引き込もうとしている。
前に進みたいと思うのであればそう思う俺たちが自分の役割を果たさなければいけない。
俺は音楽を作るからそれで何か今の状態と戦う自分たちの糧になるものを作りたかったんだ。
偏見と憎悪と戦うための一番の武器は知識と理解だと思った。
ハーモニー・オブ・ディファレンス」というアプローチをとった理由は偏見を称賛するよりも
多様性を祝福したかったから。偏見を良しとする人々は簡単には消えない。だから彼らを消し
去ることよりも、彼らに正しい道を見せることが必要だと思ったんだ。彼らは間違った方向に
進んでいるけれど、彼らにそして全ての人々に正しい道を提示するべきだと思った。
この作品を作ることで俺は自分の役割を果たし、自分が出来ることをやっただけなんだ。


 LA influence “Harmony of Difference”
ーLAから受けた影響ー
My experience growing up in Los Angles had a huge influence on the way in which
I made ‘Harmony of Difference’. LA is like a really big city that is composed of a
lot of really small cities that could have come from a number of countries from
around the world and as a musician growing up in that city I came up playing all
different type of music from all difference types of places and I developed a great
affinity and respect for different peoples approaches to music and life. And then it
grew to beyond music; to food, to clothes, to language, to just culture in general.
So, I kind of grew up feeling like I had a bit of all those cultures in myself and I
could always see the connections even though we may have spoken different
languages we felt the same feelings. Even though we may have eaten different
foods we could still enjoy a meal with one and other. You know when I created
this piece I tried to use that as what I drew from musically and inspirationally.
So the music itself I was gearing it towards the different types of sound you may
hear around the city of Los Angeles with an overarching theme of my own cultural
experience of jazz, so [LA] definitely had a huge impact on the creation of this piece

LAで育った経験は「ハーモニー・オブ・ディファレンス」に大きく影響している。
LAは本当に大きな街で多くの小さな町で成り立っている。その町一つ一つが世界中の様々な国
から来た人々によって築き上げられ、そんな街で育ったミュージシャンである俺は様々な場所
のあらゆるタイプの音楽をプレイしてきた。そして音楽と人生に対して異なるアプローチで向き
合う全ての人たちとの一体感、彼らに対する尊敬の念を築き上げてきた。音楽だけではなく、
食べ物、服、言語、文化と行った一般的なもの全てにおいてそれを感じて来たんだ。
人生において俺はそういった全ての文化に少しづつ触れ合って来たし、異なる言語を話そうが
それらが全て繋がっていることを感じていた。皆感じることは同じなんだよ。
違う食べ物を食べようが、皆互いに食を楽しんでいることに変わりはない。この作品を作るに
あたり、俺は影響を受けてきた音楽とその他の刺激の両方を曲に落とし込もうと努めた。
ロサンゼルスの街の周りで皆が聴きそうな様々なタイプのサウンドに自分自身の文化的経験で
あるジャズという包括的なテーマが重なっている。
LAはこの作品に大きなインパクトを与えているんだ。

協力: Beatink

“Harmony of Difference” Out Now
Kamashi Washington Official Site

PLAYLIST 2017.10.4
01. Ola Szmidt / Autumn (Ola Szmidt)★
02. Carlos Nino & Friends / OrganicSelf (Leaving)★
03. Peter Power / Sacral Bells (Invisible)★
04. El Leopardo / El Leopardo (Glitterbeat)★
05. Kamasi Washington / Truth (Young Turks / Beat)★
06. Kamasi Washington / Humility (Young Turks / Beat)★
07. Kamasi Washington / Integrity (Young Turks / Beat)★
08. Kamasi Washington / Desire (Young Turks / Beat)★
09. Ibeyi / When Will I Learn (XL / Beat)★
10. Rapsody / Power (Jamla)★
11. Taso / Tired (Teklife)★
12. Charles Bradley / Things We Do For Love (Daptone)★
★マークのついた楽曲をクリックすると試聴・購入することが出来ます。

来週金曜はレギュラー・パーティーCLUB100(One Hundred) at Zero-0-


カテゴリー: 未分類 |