松浦俊夫
2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
松浦俊夫/MATSUURA Toshio
Music for Life
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、
Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年春、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバムをワールドワイド・リリース予定。
InterFM897 / Radio NEO "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)
Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00)
好評オンエア中。

Founding member of United Future Organization (U.F.O.) which was formed in 1990. The collective established the beginning of Japanese club culture, and released 5 full albums in 32 countries which gained high reputation in 12 years. After leaving U.F.O. in 2002, he has continued to play as a solo dj at clubs and festivals internationally and currently produces events and supervises music for notable fashion brands.He also has produced many remix works of artist in a wide range of genres, such as James Brown, Astor Piazzolla, Gotan Project, Melanie De Biasio, etc. In 2013, he gathered talented and forward-thinking artists based in Tokyo to produce a project called “HEX,” which presents Tokyo’s progressive form of Jazz to the world. The debut album “HEX” was released from Blue Note Records worldwide. Recently, his new project "Toshio Matsuura Group" gathered radical musicians from UKand album is scheduled to be releasing worldwide in spring 2018. His radio program “TOKYO MOON” is on air Sunday 17:00-18:00 (Japan) on InterFM897/ Radio NEO and “WW TOKYO” 1st & 3rd Monday 11:00-13:00 (UK) on Gilles Peterson’s Worldwide FM.
http://www.toshiomatsuura.com

日別アーカイブ: 2016年7月11日

SUMMER 2016


夏の始まりとなる恒例のフランス・ツアーを終えて帰国。
今回も大いなるインスピレイションと勇気を得た旅だった。
前半のSeteでのWorldwide Festivalは例年以上にビッグネームに頼らずGillesのセンス溢れる
キュレーションで世界中から選りすぐったアーティストをブッキングし、観衆を熱狂の渦に
巻き込むラインナップが続いた。アップライジングなアーティストから今もパワフルに活動
を続けるベテランまで参加するショーに改めて音楽の力を感じた日々だった。その中で
Japan Day/Nightのチームの一員として今年も参加出来たことを光栄に思う。
Japan Dayは灼熱の太陽の下残り30分に一か八かの賭けに出てそれが理想の形で展開出来た
ことで、夜のアーティスト・セッションは1サポーターとしてそのクリエイティヴなステー
ジを楽しむことが出来た。
Gilles Peterson,Worldwide Festivalクルー、Brownswoodクルー、シャララ・クルー、
そして一緒にプレイした仲間たちに感謝したい。

後半のパリはこちらも2年連続となる若きオーガナイザー兼DJらによるパリ郊外の農場での
野外イベント。昨年以上の大観衆を相手にジャンルと時代を飛び越えるリスクを背負いなが
ら2時間に渡りスリリングなサウンド・ジャーニーをともに楽しむことが出来た。それは20
数年で一番充実した(そしてエネルギーをp消耗した)セットとなった。また近いうちに戻
りたいと思う。
Victor,GregoireとLa Mamie’sクルー、Da Vince,Franckに感謝する。

さあ、2016年の夏が始まった!今年も楽しもう。


カテゴリー: 未分類 |